サイトへ戻る

シャッターを押さないことも「写真」

しばらくシャッターを切っていません

造形大の課題に追われているうちに、写真を撮る機会がめっきり減ってしまいました。

でも実はこれはとても良いことだと感じています。

写真を学べば学ぶほど、写真を撮ることが出来なくなったように思います。

言葉で説明するのは難しいのですが、写真家といわれている人たちのように意味ありげに

少し難解な写真を撮ろうとか、誰かに褒めてもらえるように綺麗に撮ろうとか、

そんな無意識に脅されることで、写真を撮れなくなったのとは少し違います。

「写真を撮る以外に写真をやるにあって、やるべきことが山のようにある」ということ

なのです。

いま時代は「綺麗に撮る」ということを、プロのカメラマンに要求していません。

奇麗に撮る為のノウハウが必要なくなったのです。それは技術の進歩によってカメラが

やってくれるのですから。言い換えれば、誰でも奇麗に写真を撮れるということなのです。

シャッターを押せば、かつてのプロのように奇麗に写真が撮れる。

これは素晴らしい事であり、同時に大変危険なことであると思います。

そんな時代に、我々はどういう立場を取るのか?

この問いこそがこれからの「写真を学ぶ者」への問題提起であると感じます。

それを考えるにつけ、写真をカメラからとらえるのではなく、

写真を写真として考え、写真とは何かを考え、写真にできることは何であるかを考えること、

が必要になってくるのではないでしょうか。

そんなことを考えているうちに、写真を撮る時間がなくなってしまうのです。

このサイトに掲載する写真も更新できず滞ってしまいそうですが、それはそれで良い事で

あると思います。またいつになるかわかりませんが、写真を撮れるようになったら

更新して行きたいと思います。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK